食事療法で腎臓病をやっつけろ|病気に屈するな

シニア女性

腎臓をいたわる食事とは

食事

腎臓病の患者はタンパク質や塩分などの摂取量を制限しなくてはならなくなるため、食事療法が必要となります。最近では症状に合わせて摂取量を調整できる宅配サービスなども登場しており、自宅治療の助けとなっています。

Read More

腎臓は老廃物を濾過する

夫婦

生活習慣に気を付ける

腎臓は、食べ物から摂取したタンパク質を体内で代謝してできる老廃物を血液から濾過して尿として排出します。また、水分濃度の調整や血液中の電解質濃度の調整などの機能があります。腎臓の働きが悪くなると血液中に老廃物が溜まってしまいます。自覚症状が無く、放っておくと昏睡状態となり生命の危険にかかわります。腎臓病を予防する食事療法があります。過剰に食事量を摂らない。標準体重を維持できるように心がけます。減塩をこころがけ高血圧に注意します。野菜をたっぷり摂ります。植物繊維により血糖値の上昇を抑えることができます。栄養のバランスがとれた食事をする。1日30品目の食材を摂るのが理想です。食事療法以外にも、禁煙する、運動する、規則正しい生活をするなどがあげられます。

進行を抑える食事

腎臓病になると、体内の老廃物を濾過できなくなります。そのため食事療法が必要となります。食事療法のポイントは、タンパク質や塩分を控えたり、食事量や水分量を制限したり、カリウムの過剰摂取に気を付けたりします。食事で摂れる栄養素のうちタンパク質は体内で老廃物となり排出するときに腎臓に負担をかけます。体を維持するために必要なものですので、過剰に摂取しないように食事療法でコントロールします。腎臓病は一度なってしまうと治療しても治すことができません。腎臓病になったら食事療法でその進行を抑えます。悪化すると透析をしたり移植をしたりすることになります。日常生活に大きな支障をきたします。腎臓病にならないためにも、生活習慣に気を付け、なってしまったら食事療法で悪化を防ぎます。

ありがたいサービス

ウーマン

腎臓病の食事療法において、自分で管理することが難しいときに腎臓病食の宅配を利用することは、有効な手段になり得るのです。また、腎臓病食は必要カロリーと特定栄養素の摂取量を守り、バランスのよい食事を心掛けることが大切になります。

Read More

腎臓に優しい食事方法

和食

腎臓病の人は、タンパク質や塩分や水分の量を制限された食事が必要になるので、計算された食事療法が必要になります。宅配サービスを利用する事によって、毎日の献立を考える必要もなく病気に合わせた栄養素を摂取する事ができます。

Read More